FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-22

自衛隊 第5話

「やぁやぁやぁ…倉木ぃ…」
(……)
麻衣子は男達がそそり立った肉棒を隠そうともせずに
風呂場に入ってくるのを目にして思わず視線を逸らした。
「お前さんの…染み付きパンティ拝ませて貰ったぜ…」
男は黒々とした肉棒を見せ付けるように身を屈めて小さくなっている麻衣子に近づいた。
男達は隠し切れていない麻衣子の白い尻に興奮していた。
「おまんこの匂いが染み付いていたぜ…」
「汗交じりの濃い匂いしてたぞ…」
「みんな…お前のアソコの匂い知ってるぜ…」
麻衣子は男たちからの屈辱的な言葉を丸くさせた背中に浴びながら
脱衣場へと駆け込んでいった。
「おおっ…おっぱいが見えたぞー」
「がははははははっ…」
男たちの笑い声が風呂場に響いていった。

「一同…礼っ!」
柔道着姿の麻衣子は男性達に混じり頭を下げた。
筋肉質の大柄な男性の中で小柄な麻衣子は男性同様のプログラムをこなしていった。
「よし…練習やめ…」
麻衣子は頬を伝う汗を拭いながら教官の前に整列した。
「では…いつものように模擬試合を行う…」
「倉木っ…前に出ろ。」
「はいっ…」
麻衣子は少し緊張した面持ちで教官の前に進みでた。
「今日はお前からだ…」
「はいっ…分かりました。」
前日終了した順番から今日は一番手である事を
今朝から想像していた麻衣子は顔を引き締めながら応えた。
「近藤っ…相手はお前だ。」
「はいっ…」
近藤はうれしそうな顔で教官に大声で返事をした。
(教官公認で麻衣子の体に密着できる…)
近藤はじろじろと麻衣子の体を見つめていた。
(本当…厭らしいやつ…むかつく…)
麻衣子は先日の近藤達から与えられた恥辱的な行為の鬱憤が溜まっていた。
「始めっ…」
教官の合図で模擬試合が始まった。
「くくくっ…今日もアソコはムレムレなのか…」
近藤は麻衣子の襟を掴みながら教官に聞こえないように囁いてきた。
「くっ…」
麻衣子は悔しそうな顔で近藤の目をにらんだ。
「おおっ…怖い…お前のおっぱい…いい形してんなぁぁ…ひひひひひっ…」
「・……っ」
麻衣子は近藤の言葉に頭に血を昇らせて足払いを繰り返していた。
「濃い匂いだったぞ…おまんこ…ちゃんと中まで洗えよ…」
「えいっ…」
麻衣子は背負い投げを狙ったが腰の重い近藤は軽くいなした。


↑桃花の執筆エネルギー!こちらをポチッと押してください(*v.v)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010-01-22

自衛隊 第4話

ゆっくりと湯船に浸かっている余裕など無い麻衣子は汗まみれの体を
ボディソープの泡で包み込んでいった。
柔らかそうな麻衣子の乳房が白い泡の中で見え隠れしていた。
女性特有の丸みのある肉感がシャワーの飛沫に打たれ
湯椅子に座る麻衣子の股間では黒々とした繁みが麻衣子の恥部を覆っていた。
スリムな体に似合わない豊満な乳房からなだらかな肉体の曲線が描かれていた。
女に飢えた男だらけの訓練施設で若い麻衣子の肉体は視姦され続けた。
自分の体を舐めまわすように見つめる男達の視線に麻衣子は耐えていた。
「第1班…入れ」
突然、脱衣場から教官の指示する声が聞こえ麻衣子は身を硬くした。
(えっ……)
ガヤガヤと男達が話ながら脱衣場に入ってくる気配に麻衣子は動揺した。
(ど…どうしよう…皆…入ってくる…)
「お…倉木のじゃねえか…これ…」
一人の男が麻衣子の脱衣籠を見つけ叫んだ。
「まだ…風呂に入ってるんだ…」
「おい…ほらっ…倉木のパンティがあるぞ…」
(あっ…だめっ!!)
麻衣子は自分の汚れた下着を男達が見つけたのに強烈な羞恥心を覚え
立ちあがろうとしたが体を洗う為のハンドタオルしか体を隠すものが無いのに
どうしようも出来ずにいた。
「どれどれ…くくくくく…ほら染みが着いてるぜ…」
男は麻衣子の恥裂が触れていた部分を広げて皆に見せた。
「倉木のおまんこの匂いは……くぅぅ堪らねぇぇぇ……」
男の鼻腔に汗の匂いが混じった麻衣子の恥臭が広がった。
クリームチーズのような生々しい濃い匂いに男は悶えていた。
「どれどれ…俺にも嗅がせろよ…かぁぁぁ…おまんこの匂いだ…」
麻衣子のパンティは染みの着いた裏地を露わにされた状態で男達の手に渡っていった。
「あああっ…おまんこの匂い…うーん…」
男達はそれぞれ手にしたパンティに鼻を押し当てて麻衣子の恥臭を嗅ぎ漁った。
(嫌…は…恥ずかしい…)
麻衣子は自分の汚れたパンティを男達に嗅がれているのに顔を真っ赤にさせていた。
女欲を絶っている男達にとってうざったい存在ではあるが顔立ちの整っている麻衣子
の恥裂の匂いは強烈な刺激となり股間を熱くさせていた。
「お…勃ったね…」
「おう!……ビンビンになっちまったぜ…」
男達は勃起した肉棒を曝け出しながら浴場のドアを開けた。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ←桃花へ応援クリックをお願いいたします(*v.v)



2009-09-15

自衛隊 第3話

(ふぅぅぅぅぅぅ…)
完全にバテた麻衣子はそのままうつ伏せに体を芝生の中に沈めた。

「1700倉木…」
「はい!」
麻衣子は直立不動の態勢を保ちながら大きな声で返事をした。
(また…最初…もう1700過ぎてるのに…)
「1715第1班、1730第2班、1745第3班…」
整列している訓練生に向かって入浴割当時間が告げられていった。
「1800第4班、1815第5班…以上!」
「全員解散」
教官の掛け声に訓練生達は駆け足で宿舎に戻った。
ただでさえ少ない入浴時間を麻衣子はいつも削られていた。
(今日は特に…時間が無い…)
麻衣子も自分の部屋に走った。
解散を告げられたときに腕時計の針はすでに17:06を指していた。
(あ…後…9分しかない)
日中の訓練で汗や脂にまみれベトついた体を早くさっぱりさせたかったし
時間内に入浴する事も訓練の一部となり時間が無くて入れなかったなどという
言い訳は許される事では無かった。
麻衣子は朝用意して置いた替えの下着を包んだタオルを掴むと慌てて部屋を出た。
「番号133 倉木入ります!」
「良し!」
風呂の前にいる教官が返事をして風呂場に通じる曇りガラスのドアを開けた。
汗が染みついたTシャツを脱ぎ脱衣籠に投げ入れた麻衣子はアーミーパンツに手を掛けた。
毎度の事ながら男しかいない施設で下着を外すのに麻衣子は緊張し何度も教官の後姿が
映っている入り口のドアに注意しながら下着を降ろしていった。
いくら男に負けることが嫌いな麻衣子でも女性の恥じらいがあり
脱衣籠に入れたあるバスタオルに脱いだ下着を包み隠すように押しやった。
防犯上の為に腕時計など貴重品を風呂場に持ち込む事を禁じられているため
入浴できる時間は自分の勘だけが頼りとなり体内時計を鍛えるという訓練にされていた。
(部屋を出たときは8分だったから…あと7分ね…)
麻衣子はシャワーのノブを捻って体を洗い出した。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ←クリック応援をお願いいたします(*v.v)

2009-06-03

自衛隊 第2話

ショートカットの麻衣子は顔を赤くさせながら体を起こした。

「おらおらおら…もう一回で終わりにしてやる…男のやっと半分だぞ…早くしろっ…」
鍛えぬかれた筋肉質の上半身を露わにしアーミーパンツ姿の教官は竹刀を振った。

「は…はい!」
汗が滴る黒のTシャツを体に張りつかせた麻衣子は夏の熱気を帯びている芝生を
押し出すように腕を伸ばしていった。
負けん気の強い麻衣子は弱音を吐くことを自分に許さず教官の指示に従っていた。

(ぜったい…負けるもんか…)
パンパンに張った腕の筋肉は悲鳴をあげ麻衣子の思うように動かなかった。

「何だ…何だ…そのへっぴり腰は…」
教官は竹刀の先でプルプル震えている麻衣子の尻を突ついた。

「きゃっ…」
麻衣子は24歳の女の声を出して体を押しつぶしてしまった。
「ほらほらほらほら…早くしろぉぉ」
日焼けした顔から白い歯を見せて教官は竹刀の先で麻衣子の尻の谷間をこね回した。

「ほらほらほら…早くせんかぁぁぁぁっ…」
(こ…こんなセクハラに負けるもんか…)

麻衣子は尻の谷間を弄る竹刀の先をそのままに体を起こしていった。
「くくくくくくく…」
訓練を終えて麻衣子の姿を見ている男達から笑い声があがっていた。

「教官…あんまり弄っちゃうと倉木感じちゃいますよ…」
意地悪い男が必死になっている麻衣子を茶化すように声をあげた。

「がはははははははっ…」
下品な男達の笑い声があがった。

「そうかそうか…倉木すまんなぁぁ…ははははははははっ…」

麻衣子は教官と男子訓練生達からの恥辱的な笑い声に耐えながら
女子用に設定された50回の腕立て伏せを終えた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 あなたの応援クリックが月夜桃花の執筆エネルギーですっ♪



tukiyo_20040_03.jpg 月夜桃花の物語 月夜桃花のメインサイトです


1h ひとりエッチ倶楽部 ☆もしかしたら桃花と会えるかも!

2009-04-22

自衛隊 第1話

倉木麻衣子は防衛大学を卒業後、政府要人防護特殊部隊の訓練生として長野山中奥深くに位置する第12特別訓練施設にこの春配属され人里離れた山奥で麻衣子は12ヶ月間に及ぶ訓練を受ける事となっていた。

麻衣子が配属されるまで男の聖域であった第12特訓にはもちろん麻衣子以外に女性の姿が無く就寝用の個室と時間で割り当てらる入浴時間以外は同じように訓練を受ける男達と同様に扱われていた。全国各地から集まった男達は各駐屯地で経験を積んだ者達ばかりで猛者ともいえるゴツイ男達ばかりであった。

初の女性訓練生としてしかも新卒の麻衣子が配属されたのは異例中の異例であったが防衛費拡大を考えている防衛庁が世間からの非難の矛先を逸らす為に昨今、盛り上がっている男性だけの社会への女性参加を積極サポートしている防衛省のイメージをつくっておきたいという思惑があったのだった。

しかしそんな麻衣子の事を面白くなく思ってるのは訓練に参加している男達だけでなく指導にあたる教官達も同じように麻衣子を見ていた。

「ほら…倉木ぃ…しっかりと体を起こさんかぁ…」
「はい!」

麻衣子は渾身の力を込めて49回目の腕立て伏せをこなそうとしていた。
すでに規定数をこなした他の男達は腕をプルプル震わせて体を起こそうとする麻衣子の姿をへらへら笑いながら見つめていた。

→→応援クリックをお願いいたします←←

月夜桃花の物語
プロフィールプロフィールプロフィール

月夜桃花

Author:月夜桃花
はじめまして、月夜桃花と申します。
オリジナル官能小説を描いてます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
最新記事最新記事最新記事
カテゴリカテゴリカテゴリ
<%plugin_first_title>ブログランキング<%plugin_first_title>

<%plugin_first_title>姉妹サイト<%plugin_first_title>
tukiyo_20040_03.jpg

月夜桃花の物語
月夜桃花のメインサイトです


31.jpg

モバイル月夜桃花の物語
携帯版月夜桃花の物語です

<%plugin_first_title>DUGA<%plugin_first_title>
アダルト動画 DUGA -デュガ-
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>メールフォーム<%plugin_first_title>
作品のご感想など                           いただければ幸いに思います。                  お名前は仮名で結構です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

Powered by FC2 Blog

script type="text/javascript" src="http://ac3.i2idata.com/bin/gets.php?00225726">
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。