FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-02

商品開発 第3話

「この分野は大手が数社いるが…十分勝負できると踏んだ」
「……。」
「我が社はすでに紙オムツの分野でトップクラスの実績を誇っている」
「…はい…。」
「そこでのノウハウや技術、また我が社のブランドイメージをもって…」
「生理用品市場を開拓する…」
「……。」
「そこで女性である君の力を借りたいんだ…」
優香は武田が自分呼び出した理由をようやく聞いた。
「私で…よろしいのですか?」
「ああ…君にお願いする事を幹部達は全員一致で可決した。」
「理由をお伺いしても…よろしいですか?」
「理由か…それは…君に対する信用だ…」
「……。」
「他の女性社員はあてにならん…その点君は違う…任せられる」
「極秘で進めるこのプロジェクトを成功させるには信用できる女性が不可欠なんだ」
「君なら…出来る」
優香は会社幹部が自分に寄せる期待に喜びを感じ
数百いる女子社員の頂点に上り詰めた実感を得ていた。
「プロジェクトが成功したら君の将来は約束されたも同然になる…」
「……。」
「史上最年少の秘書課長の誕生かもしれない…」
優香の直属の秘書課長の太田サツ子は入社27年目のオールドミスであった。
何度か衝突した事のある彼女の座が自分のものになるという征服感には強い魅力があった。
「……」
「特別賞与も用意しよう…」
「……」
「やってくれるか?」
「はい…我が社発展の為に誠心誠意尽力いたします。」
優香に迷いは無かった。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ←ランキングUPのクリック応援をお願いいたします(*v.v)桃花。。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

月夜桃花

Author:月夜桃花
はじめまして、月夜桃花と申します。
オリジナル官能小説を描いてます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
最新記事最新記事最新記事
カテゴリカテゴリカテゴリ
<%plugin_first_title>ブログランキング<%plugin_first_title>

<%plugin_first_title>姉妹サイト<%plugin_first_title>
tukiyo_20040_03.jpg

月夜桃花の物語
月夜桃花のメインサイトです


31.jpg

モバイル月夜桃花の物語
携帯版月夜桃花の物語です

<%plugin_first_title>DUGA<%plugin_first_title>
アダルト動画 DUGA -デュガ-
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>メールフォーム<%plugin_first_title>
作品のご感想など                           いただければ幸いに思います。                  お名前は仮名で結構です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

Powered by FC2 Blog

script type="text/javascript" src="http://ac3.i2idata.com/bin/gets.php?00225726">
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。