FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-03

電車Ⅹ 第3話

乗客に押しつぶされそうになりながら千佳子は、いつもの位置を陣取るように立っていた。
千佳子の目の前には、24、5の若い男性サラリーマンがいた。
気の弱そうな顔つきのサラリーマンは密着状態になっている千佳子の姿を
目だけ動かしながら見ており
痴漢に間違われないように胸元あたりでカバンを抱えて額に汗を浮かべていた。
千佳子は、電車の揺れを使いながらさらに体をその男性に密着させていった。
真正面で向きあっているために気弱な男は目のやり場に困っているようで落ち着きが無かった。
男の鼻先に、千佳子の体から漂う品格のある甘い香水の匂いが感じられていた。
千佳子は、さらに体をその男性に密着させた。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ←クリック応援をお願いいたします(*v.v)


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

月夜桃花

Author:月夜桃花
はじめまして、月夜桃花と申します。
オリジナル官能小説を描いてます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
最新記事最新記事最新記事
カテゴリカテゴリカテゴリ
<%plugin_first_title>ブログランキング<%plugin_first_title>

<%plugin_first_title>姉妹サイト<%plugin_first_title>
tukiyo_20040_03.jpg

月夜桃花の物語
月夜桃花のメインサイトです


31.jpg

モバイル月夜桃花の物語
携帯版月夜桃花の物語です

<%plugin_first_title>DUGA<%plugin_first_title>
アダルト動画 DUGA -デュガ-
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>メールフォーム<%plugin_first_title>
作品のご感想など                           いただければ幸いに思います。                  お名前は仮名で結構です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

Powered by FC2 Blog

script type="text/javascript" src="http://ac3.i2idata.com/bin/gets.php?00225726">
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。