FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-06

電車Ⅹ 第4話

男の持つカバンが軽ろうじて2人の上半身を隔てていたが、カバンを抱えている腕に
柔らかい千佳子の乳房が押し付けられていた。
男は、その感触に気付いたのか、落ち着かない表情でちらちらと千佳子に視線を投げていた。
千佳子は、顔を横にして男のあせる姿を目で確認すると頭の中で薄ら笑みを浮かべた。
電車の揺れにあわせ乗客がひしめく度、千佳子の胸は男の腕に擦りつけられていた。
男は、顔を赤くさせながら目の前の美顔の女性の柔らかい乳房の感触を得ていた。
千佳子は、そ知らぬ顔をしながらも勃ちつつある乳首が、ブラの内側でこすれる感覚に酔っていた。
電車の揺れが思い寄らぬ形で、硬化した乳首をねじり回し、千佳子は男に気づかれないよう注意を
払いながら深い吐息を車内に漏らしていた。
やがて千佳子の手が電車の振動にあわせるように、男の下腹部に何度か当たり始めていた。
偶然を装いながらも、その手は確実に男の股間を捉え、やがてその細い指をした手のひらは
男の股間を押さえるようにして動きを止めた。
気弱な男のイチモツは、すでに勃起状態にあり棒状の強張りがスーツズボン越しに浮き出していた。
千佳子は、小さく口端に笑みを浮かべるとその棒状のモノを包むように手のひらを押し付けた。
一瞬、驚いた表情を見せた男は、見る見るうちにその顔を赤くさせていくのがうかがい知れ、
カバンを抱え込む腕に緊張が走っていく様を千佳子は愉しんでいた。

↑桃花の執筆エネルギー!こちらをポチッと押してください(*v.v)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィールプロフィールプロフィール

月夜桃花

Author:月夜桃花
はじめまして、月夜桃花と申します。
オリジナル官能小説を描いてます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング
最新記事最新記事最新記事
カテゴリカテゴリカテゴリ
<%plugin_first_title>ブログランキング<%plugin_first_title>

<%plugin_first_title>姉妹サイト<%plugin_first_title>
tukiyo_20040_03.jpg

月夜桃花の物語
月夜桃花のメインサイトです


31.jpg

モバイル月夜桃花の物語
携帯版月夜桃花の物語です

<%plugin_first_title>DUGA<%plugin_first_title>
アダルト動画 DUGA -デュガ-
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>メールフォーム<%plugin_first_title>
作品のご感想など                           いただければ幸いに思います。                  お名前は仮名で結構です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

Powered by FC2 Blog

script type="text/javascript" src="http://ac3.i2idata.com/bin/gets.php?00225726">
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。